優雅な身の熟し
小さな迷路の庭園と
馥郁たる薔薇の薫りを
私は支配するの

目に映るものだけが私の世界
高雅な野心を胸に秘めても
身動きがとれないままで
まだ此処にいるの

瀟洒な寝台で
駒鳥の鳴き声で目覚めて
まるで数百年も前から
繰り返してる錯覚

"逃げ出しましょう"と何故私を呼ぶの
眠れる姫のままでいたくて

導く
すべての
命よ

優美なcliche美辞麗句を並べて
底の浅い笑顔で私を見ている
煌びやかな礼装と似たような顔
私は世界でただひとりになる

天鵝絨締め付ける
只ひとつの足枷でも
私は解く勇気さえないの

"早く..."

優雅な身の熟し
小さな迷路の庭園と
馥郁たる薔薇の薫りが
私を支配するの

目に映るものだけが私の世界
高雅な野心を胸に秘めても
身動きがとれないままで
まだ此処にいるの

逃げ出したいけれど
変えたくないの
世界を見たいのに
此処にいたいの

導く
すべての
命を
託して

優美なcliche美辞麗句を並べて
底の浅い笑顔で私を見ている
煌びやかな礼装と似たような顔
私は世界でただひとりになる

天鵝絨締め付ける
只ひとつの足枷でも
私は解く勇気さえないの

"早く..."

私を呼ぶのは誰?
暗澹たる世界で
私だけが知るという
真実が必要ならば
禁断のelixir
世界を変えよう

響けよ声よ
この世界を
嘆く者達に

全てはたった
1つの勇気
枷を解いて
さぁ

征こう

Vídeo incorreto?